12  03  11  10  09  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

騎羅

・Author:騎羅
Job:LightArtist
Hobby:コペン、チャリ、写真

Diaries.

スポンサーサイト

  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/ --:-- スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP  

武蔵野公園+α

  • DSC_0362.jpg
     昼食のついでに、ちょっと足を伸ばして武蔵野公園まで行ってきた。

     しかし、冬の公園はどこも同じ顔、昨日の井の頭公園と大差はない。なので、今回はおもいっきり、俺好みに全画像加工しまくってみた。

     この寂れた雰囲気を醸し出す色感がたまらなく好き。

     今回ソフトフォーカスっぽい感じも出してるが、これもフォトショップの加工だったりする。


     今回の使用レンズは全てSIGMA 10-20㎜F4-5.6 EX DC HSM+PLフィルター。カメラは勿論D80。
     尚、今回の画像は全て、クリックすると大きく表示できます。



    DSC_0365.jpg

     そして椅子。

     広角レンズって、手前に何かオブジェクトを配置することで、その効果がもっとも有効的に働くと思う。……思うのだが、井の頭公園も武蔵野公園も、椅子以外にそれらしいオブジェクトが見当たらないのが悲しいところ。

    DSC_0376.jpg

    DSC_0377.jpg こう、ただ撮るだけでも美しい公園には違いないけどね。

     ここは東京都内にあるわけだが、いつ来ても人は少ない。JRなどの主要駅から離れているため、近所の人間しかあまり来ないようだ。静かで落ち着ける環境なので、構想に詰まったら武蔵野公園をただ散歩するだけでも気持ちが晴れて、何か良い案が浮かんできそうだ。
     ただ、残念ながら家からは自転車で少々走らないといけない。最寄りの井の頭公園までは5分の距離なのだが、あの公園はいつも人がいるので、ここほど落ち着けないのが難だ。いつでも活気に溢れていると思えば、それはそれで良いのだけどね。






    DSC_0382.jpg 上の画像は、遊歩道を覆うかのように伸びてくる、節くれた老人の手のような枝が面白かったので、上を向いて撮った写真を、調子に乗って加工しまくったもの。毛細血管のようにも見えてきて、面白い。

     プロの写真で、こう、ファンタジックな雰囲気を出している写真をときどき見掛けるが、あれってどう撮っているんだろう? 色々フィルターをかまして撮っているんだろうか? それとも撮ったあとの現像処理でそういった効果を出しているのだろうか?

     そんな絵を、撮ってみたいものだなぁ……。



     左のはやりすぎた。




    DSC_0387.jpg

     何かオブジェクトないかな~……と、無理矢理いれてみた杭。こういった連続する物を画面の近景に入れることで、広角の広がりをソレが伝えてくれる。

     とにかく「寄って撮る」

     寄れないと、どうにもメリハリがある画面作りが出来ない。
     あれほど欲して手に入れた超広角なのに、取り扱いに手をこまねいている。道具さえ手に入れば、その画角の広さで良い絵が撮れるさ~って思ってたけど甘すぎた。
     そして、つい、自分の影がアングルに入ってしまうのもまた、超広角の使いづらいところ。正直言えば、先日買った30mmの方が扱いは簡単だ。でも、なんとか広角レンズを使えるようになりたいので、要修練。

    DSC_0392.jpg

     こういう円形の広がりある場所は、広角レンズの得意とするところのひとつじゃないかと思う。こういう場所で普通の35mm程度だとこういう画面に納めるのは難しい。

     でも、こういうとき、魚眼レンズあったらもっと面白いかも?

     とか思っている俺がいる。
     魚眼の世界は面白いよね。
     文字通り「世界が変わる」

    DSC_0397.jpg

     なぜか看板の裏側からw
     ここは表側より裏側の方が面白い。

     DSC_0407.jpg

    DSC_0411.jpg カメラを地面すれすれに合わせ、空を見上げるように撮ってみた。
     世界が広い。
     空に気の利いた雲の一つでも浮かんでいたら、最高なのに。


     右のは、木の根本から上を向けて撮った。

     昔、学校の写生大会で、木の根本に寝転がり、こういったアングルで木と空を描こうと頑張った事があった。が、全然表現出来なかった。結局時間もなくなって、空と木の頭だけ描いて出した……先生に「馬鹿と天才は紙一重だな」と言われた……。

     それなりに頑張ったのになぁ。






    DSC_0414.jpg

     植物は光に向かって伸びるものらしい。
     が、ここの木は北に向かって伸びている。
     地面が斜めってるせいでか?

    DSC_0419.jpg

     左の木にピントを合わせて撮ってみた。
     でも広角レンズって、基本的に全体にピントが合ってしまうものらしいし、また手持ちの広角レンズはF4の暗さなのでぼかすのも難しい。
     この写真は先にも書いたとおり、フォトショップで加工しているわけだが、そのせいでか、ちょっとミニチュアっぽく見える感じがある。そういえば、実写をミニチュアに見せる手法とかってどこかのサイトであったね。今度機会があればやってみようかな。

    DSC_0433.jpg

     冬はすぐに日が落ちる。
     これを撮っているとき、昼を食べてすぐなので、まだ2時過ぎの頃。でもすでに太陽は傾き、邪魔な影は伸びてくる。でも木の影とかは面白いね。


    DSC_0447.jpg

     ラストにスカッと青空!

     PLフィルターならではの派手な青空だね。
     まだPLフィルターに慣れないし、特性もよくわからないのだが、空全体がやや白っぽいところに雲がかかっている時など、PLフィルター越しに見てみると、綺麗に青空と白い雲に分離されて見える。思わず「すげー」と思った。

     もっと綺麗な空を撮りたいなぁ。





     オマケ。
    DSC_0356.jpg

     今日の昼飯。
     美味しかったです♪

2007/01/26/ 19:00 雑記 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP  

グラッチェ / HOME / 井の頭公園でPL

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 

トラックバック

HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。