12  03  11  10  09  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

騎羅

・Author:騎羅
Job:LightArtist
Hobby:コペン、チャリ、写真

Diaries.

スポンサーサイト

  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/ --:-- スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP  

○年目のドール

  • DSC_4617.jpgDSC_4615.jpg
     もう何年前になるだろうか?
     随分昔に、ボークスのSD(スーパードルフィー)「のの」を買った。60cmほどの人形で、絵を描く際の資料として使えるかと思ったからなのだが……球体関節人形というのは色々と難しく、自分が思うようなポーズをとるのはほぼ出来ず、結局ただの部屋のディスプレイと化してしまった。

     昨今のドール事情は全然知らなかったけど、今はポーズ等をつけやすい関節の、オビツとかあるらしく、実際に使っている友人の絵描きさんに聞いてみたところ、だいぶ役に立つよとのことなので、久しぶりに買ってみることにした。

     買ったのはオビツ50ボディのハイパービジュドールという物。
     ポーズ用なので何でもいいけど、やっぱり顔が好みな方が制作意欲もそそるというもんだ。

     で、届いてみてわかったのだけど………頭ちっさーーー!
     60cmSDに比べ10cm小さいオビツ50なので、当然頭部も小さいのかとは思っていたものの、ここまで差があるとは思ってもなかった。実はSDのウィッグ使いまわせるかなーと思ってたので、今回は適当にショートカットを買ったのだけど、アップだと可愛いのだが、ロングだとボーイッシュすぎて……(´д`)

     上の写真の左が今回買った頭部とウイッグ。
     右はウイッグだけ、以前のSDのを無理やり載せてみた……サイズ合わなすぎるねw でも感じはやっぱりこういう雰囲気が好き。

    DSC_4618.jpg
     服もSDのを着せられるかなーと甘く見てたけど、ぶっかぶかです。
     赤いコートが、SDの物。
     中のオーバーオールとニーソ、靴は今回のオビツと一緒に買った物。

     でも、ポーズをしっかり取り、固定出来るのはやはり素晴らしい!
     SDは……立たせるだけで一苦労だ……(´д`;)

    DSC_4621.jpgDSC_4622.jpgDSC_4623.jpg
     似合いそうなので、ツナギとブーツを買ってみた。うん、似合ったw
     こうして見るとよくわかるけど、服の皺とかがだいぶ良い表情を出してくれてて、実際の服よりは大きめの皺にはなるが、イラストの皺は実際より大雑把につけた方が感じがいいので、丁度いい。5~60cmクラスの人形じゃないと、皺の出かたがさらに大味になりすぎて、資料としては使いづらい。なのでこのくらいの物が丁度いい。

     ただ、自分のイメージとしては、頭がちょっと小さいかなぁ……。
     ウイッグがショートなので余計にそう感じるのかとは思うけど……。
     場合によっては頭部だけ、少し大きめのに変えてみるのも有りかなーと思ってる。
     折角、気に入った顔のドールをセットで買ったのにね(´д`)

     右のSDと比べると、10cmの差とは思えないほど差を感じるね。身体が小さいことより、頭部の大きさの差が、余計にそう感じさせる気がする。
     それにしても……全然構わず放置してたから、のの黄ばんじゃってるなぁ……(^^;

2011/07/01/ 16:36 雑記 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP  

ビジュ / HOME / AGITOへ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 

トラックバック

HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。