12  03  11  10  09  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

騎羅

・Author:騎羅
Job:LightArtist
Hobby:コペン、チャリ、写真

Diaries.

スポンサーサイト

  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/ --:-- スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP  

革ノートカバー2

  • P1040302.jpg
     革細工6作目「ノートカバー」再び!
     今回は胸張って言える、自信作。
     はじめて「商品にしても問題ない」って言えるクオリティで仕上げることが出来たかと!

    P1040304.jpg でも写真で見るときっと大差なく見えるよね。しかしこれまでの物は直接見てみると、やっぱり初心者らしい粗はだいぶあった。ノートカバーなんてただ縫うだけなので、どこに差が出るの?と思うけど、実物を並べてみると明らかな差がある。

     今回のは常に持ち歩く用としてA6サイズです。
     前回作ったのを比較してみると、写真でも糸の出っ張り感がの差が見て取れるでしょう? 糸自体も今回は最初から蝋引きされた白い糸を使っていることもあり、毛羽立ちもないしまとまりもいい。
     また、最初のペンケースのときに書いたけど、「糸はギュッと締めないといけない」という事を知らず、最初の頃は加減しながら縫っていた。ギューッと締めることで糸は革の中へめり込み、いい案配に落ち着くんだそうな。

     P1040305.jpg 他にも、最後の糸の止め方なども写真では見えないが、今までの中で一番綺麗にまとめることが出来た。

     中を開くと、内面は濃いアンバーの革を使ってみた。濃い色に真っ白い糸は浮くかな?とも思ったけど、思ったよりもよくまとまった。
     ツイッターなどで一時期A6サイズのプロジェクトノートを探してたのを見てた人もいるかもしれませんが、やっと見つかって使っている。本当はリングタイプが欲しかったんだけど希望に添うものは見つからなかった。

    P1040306.jpg 1冊40枚の物でちょっと物足りないので、2冊を接着して使用。

     前回のノートカバーで一番の失敗点であった「ぴったりすぎる」ことも今回は気を遣い、ぴったりすぎず、でもゆるすぎないという大きさを実現。これがぴったりすぎると、差し込んだノート表紙部の出入りがスムーズに出来ず、ノートを開いた的に自然な開閉が出来ないのです。

     また今回一番工夫したところなのだけど、サイズ的な問題だけではなく、革の裏面って擦って磨いてもどうしても粗さは残り、摩擦が大きくなるためこういったノートの出入りのスムーズさを損なってしまう。
     「だったら、両面を革の表にしてしまえば!」
     というわけで、メインの厚さ1.3mmのピアノレザーの裏面に、0.5mm程度のアメ豚革を貼り付けた。
     つまり
     ・表ピアノレザー(キャメル)
     ・裏面アメ豚革
         ←ここにノートの表紙部を差し込む
     ・裏面アメ豚革
     ・内ピアノレザー(アンバー)
     このように、4枚構造になっている。
     このお陰で厚みが5mmにもなってしまっているが、動きも大変スムーズで、厚みの分だけしっかりとした重厚感のある仕上がりになった。

     まぁもっと薄い革を使えば良かったのだけど、革をすくのは時間も金もかかるんで、最初に買ってきた厚みのままでやってしまいましたとさ。でも気に入った物が出来て大満足です♪


     これ、ウエストバックに常備して、何かアイディアなどが浮かんだら即描く感じの用途で使いたいなーと思っているわけですが、厚さ約2cmのノートは常備するにはちょっとがさばりますね(^^;) ノート1冊分単体なら約5mm程度でスッキリなのに、がんばって苦労して、無駄に厚みを増しましたw
     しかし、ただの安物ノートへも、気に入った加工を施すことで、使いたくなる物になるから不思議。そのうちこれを常備出来るウエストバッグも作らないとなーとも思ってます。構想はあるけど、いつ作り出せるかなぁ。そんな時間も、また楽しい。


    DATA:ピアノレザー(キャメル、アンバー)、内張アメ豚革

2011/03/27/ 20:51 革細工 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP  

アルテイル2-10 / HOME / 革ペンシース

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 

トラックバック

HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。