12  03  11  10  09  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

騎羅

・Author:騎羅
Job:LightArtist
Hobby:コペン、チャリ、写真

Diaries.

スポンサーサイト

  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/ --:-- スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP  

名刺ケース

  • P1040257.jpg
     レザークラフト3作目「名刺ケース」

     連日作りすぎだろー!w
     と、思ったのですが、明日某社の飲み会があるので、名刺ケースが欲しかったのです。既存の物はいくつか持ってはいるけれど、どうせなら使う今こそ作るべきだろう!ってことで、作ってしまいましたw

    P1040267.jpg 今回の革は落ち着いた色のヴォーノアニリンを使用。
     でも単色じゃ面白味に欠けるかなーと、先日ノートカバーに使ったオレンジのピアノレザーを彩度に使ってみた。本当は上蓋裏と、小ポケットの細い部分もオレンジ色を使おうと思ってたのだけど、余ってる革の面積が足りず断念。

     自分の名刺と、頂いた名刺を分けられるように、仕切も作ってみた。

    P1040263.jpg 質感もよく、糸の色は浮きすぎず沈みすぎず。形の方も想定していた通りの出来映えで、だいぶ気に入った出来なのだが…………実はいくつか失敗があります。

     1つは、留め具がなくても蓋の自重で問題ないだろう……と、思っていたけど、実際はこのとおり、指で押さえないと蓋が開いてしまう(^^;)
     あまり留め具って好きではないんだよね……そのうち癖がつけば、ちゃんと綴じたままになるかなぁ?

    P1040264.jpg 今のところは余った革で縛ってみたり……。もっとカッコイイ紐革とかあればいいのだけどねぇw

     あと、これはヴォーノアニリンの特徴なのか、たまたまなのかわからないのですが、ノートカバーのピアノレザーは裏面をしっかりトコフィニッシュで磨いたところ、だいぶすべすべになったのですが、この革は磨いてももそもそしている。そのせいで、メインのポケットは広いから問題ないのだが、上蓋裏のポケットなどには、名刺などをスッと入れようとすると、もそもそもそっと、入れづらい。
     アメ豚革などの裏貼りすべきだった。

     と、2つほど反省点はあるものの、気に入ったものが出来て満足です。
     コースターらしき物や、ノートカバーとかだと、「ただ縫っただけ」感が否めないわけですが、こうして縫い合わせて立体的な物を作ってみると、やっと小物を作ってるな~って実感が沸いてきました!

     でもあまりやりすぎると、流石に仕事もやばいので、しばらくは止めて置かねばw

     あ、ちなみに原材料費はこれ、500円程度かも。
     革の量少ないので安上がりでした♪


    DATA:ヴォーノアニリン

 
 
 ちょっと余談。

 実はこれ、ちょっとわけわからない失敗を連続してたりする。
 変なところで糸が団子になったり、糸の中を縫ってしまったり(意味わかるかなw)
 小さい物なので、縫う量なんて少ないし、ノートカバーの方がよっぽど時間もかかったのですが、なぜかこれ作ってるときそういうトラブルが頻発し、一回の糸通しでOKな部分も、2~3に分けて作るはめに。お陰で、無様な「止め」の箇所がいくつも出来てしまった。

 あと、この糸は、最初にひと揃え買うときに、適当に買ったものなので、良いのか悪いのかわからなかったのだけど、糸は良い物を買うべきだと思った。蜜蝋を糸に縫って整えてはいるものの、それでも毛羽立つし、ばらけるし。高い糸を買えばそういうことがなくなるのかどうかは、まだ買ったことがないのでわからないけれど、革細工を引き立てる隠れた主役は糸だったりするので、糸をいい加減なのを使うのはよくないないと思い知った。

2011/02/25/ 23:35 革細工 / TRACKBACK(0) / COMMENT(2) / PAGETOP  

革ペンケース / HOME / ノートカバー

コメント

『Re Comments : 』 huhuhuさん
たぶん最初の蝋の引きが甘いんだと思う。
最初から蝋びきされてる糸が楽でいいですよ。

蝋びきされてる糸で毛羽だったことがないぉw

2011/02/27(Sun) 19:59:55 | URL | [ Edit.]
『Re Comments : 』 騎羅さん
 うん。
 実は毛羽立ちの問題は、もっと前に気付いてて、今回の頃は、これでもか!ってくらい蝋引きしているのです。そのせいで、前回よりもばらけにくいけど、やっぱり駄目でした。

 蝋引きされてる糸あるんですね~
 これが3作目の初心者なので、まだまだわからないことだらけです。丁度もう、色も少なくなってきたところなので、次は糸のことも考えて買ってみたいと思います(^^
2011/02/27(Sun) 20:22:13 | URL | [ Edit.]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 

トラックバック

HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。