12  03  11  10  09  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

騎羅

・Author:騎羅
Job:LightArtist
Hobby:コペン、チャリ、写真

Diaries.

スポンサーサイト

  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/ --:-- スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP  

NIK-m4/3

  • DSC_3694.jpg
     先日購入したGH1に、手持ち財産のNikonマウントレンズを付けたい。
     色々と誤った情報などに振り回されはしたものの、自分なりに調べ解釈し、上の2点を購入し試してみた。自分の理屈が正しければ一部の機能は制限されるものの、ちゃんと使えるようになるはず!

     DSC_3700.jpg 無事ついた!
     GH1+SIGMA 30mm F1.4(Nikonマウント)

     かなり小型のレンズなのだけど、アダプターのせいで必要以上に大きい感じになっちゃいましたねw
     とりあえず「付けられる」ことはわかりきってるのだが、その前に一工夫。ニコンGタイプのレンズが付けられないと言われる理由は、実際は付けられないんじゃなく、そのままでは絞りが一番暗く絞られた状態になってしまうため、手持ち撮影ではほぼ使い物にならないというのが理由。なので、レンズの絞り調整の爪を、あらかじめ開放状態にして固定してからアダプターで接続した。こうすることで、開放度の調整は出来ないけれど、とりあえずはF1.4という明るいレンズとしての性能は発揮出来るはず!

     撮ってみた!
     P1020075.jpg P1020076.jpg
     無事撮れた♪

     同じレンズでも、D80とGH1では撮れた画質はけっこう違う。D80で撮った方が柔らかく雰囲気がいい写真になる気がする。GH1は変に硬い……コンデジのLX3に似てる。その辺がLUMIX画質なのかもしれない。

     でも、GH1はデジタルファインダーならではの利点を活かし、拡大表示でピント合わせが出来るのは凄い! 専用レンズじゃないので手間がちょっとかかるものの、ピント合わせがシビアなF1.4レンズでも難なく合わせることが出来た。因みにD80の光学ファインダーで合わせようとすると、自分の能力じゃさっぱり出来ません(^^;)
     なのでGH1はMFで楽しむのが楽しいかもしれない。あと、明るいレンズで動画を撮るのもかなり楽しそう。そのうちやってみたいな。

    P1010055.jpg
     では、当初の目的である、NikonマウントのTokina 10-17mm魚眼レンズをコペンに取り付けて、動画を撮ってみた。これも無事に成功。AFが利かないなどのデメリットはあるし、細かい設定の調整など、もう少し試行錯誤が必要そうではあるけどね。

    P1020064.jpg 実際どんな感じに映るかと言えばこんな感じになる。
     1つ残念なのは、D80にこの魚眼レンズを付けると、35mmフィルム換算では15mmの画角になるだが、GH1では20mmになってしまう。そのため魚眼の特徴である画面端の歪みが少なくなってしまい、広角なのか魚眼なのか曖昧な感じになってしまう。こればかりはどうにも出来ないし、仕方がない。

    P1020068.jpg
     また、画質もやはりD80と比べると劣ってしまうですね。同じレンズを使うとよくわかる……けど、アダプターかましてる分、劣化するのは仕方ないのかな。マイクロフォーサーズ専用の魚眼レンズや明るい単焦点レンズが早く登場するといいよね。

     とはいえ!
     当面は今のこの装備で十分楽しめそうです♪

2009/07/23/ 18:37 雑記 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP  

ビレバンダイナー / HOME / クールクッション

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 

トラックバック

HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。