12  03  11  10  09  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

騎羅

・Author:騎羅
Job:LightArtist
Hobby:コペン、チャリ、写真

Diaries.

スポンサーサイト

  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/ --:-- スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP  

まず1枚…

  • uo0028.jpg
     このところ、ずっと自分が思い描く完成絵への技法を探していたわけですが、もーさっぱりです。でもいい加減、模索ばっかりしてられないので、一応はティアに向けての原稿に着手しはじめました。

     いきなり頑張っちゃう……のは無謀だと思ったので、簡単な立ち絵から。
     というか、今回はそんな本になると思う。

     ただ、下絵は出来ても、ここからどうしていいかさっぱりわからない。ここからどうやっていけば自分が望む形になっていくのか、さっぱり……。
     やりたいことは「塗り重ねによる水彩質感」と「線に頼らない」こと。
     前者は今までやってきた事なので今更どうこう言う話ではないのだけど、線を極力使わない方法で、かつ薄塗りというのが、どうしてもよくわからない。厚く塗ってしまえば、いくらでも可能なのかもしれないけど、どうしたら納得いく絵に近づけるのかなぁ……。


     関係ないけど、最近は下絵をCGでやるので、目とかも場所だけアタリ付けて、実際には描かなくなった。この方がわかりやすいし、修正も容易なので便利なのですが、ラフだけ見るとなんか怖いんだよねw まぁ、怖い絵を描くのでそれでもいいんだけどw

2008/09/25/ 21:46 絵庫(雑記) / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP  

絵ちゃとハズレ酒 / HOME / けむー

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 

トラックバック

HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。