12  03  11  10  09  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

騎羅

・Author:騎羅
Job:LightArtist
Hobby:コペン、チャリ、写真

Diaries.

スポンサーサイト

  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/ --:-- スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP  

習作:フラン

  • 騎羅フラン
     今日はフランドールを描いてみた。と、言っても前に描いてあったラフに強引に色を乗せただけですが。適当なラフなので、妹様のが大きくなっちゃってますw

     昨日のレミリアを塗ってて気になった部分などを今回改善したりしてみた。でにモニタで見る分には差は見えないので変わり映えはないと思うが、読みは合ってたみたい。
     この辺、上手く説明出来ないので、割愛。

     あとは、SAI使っててとにかく気になるのが、切れの悪さなのですが、色々試してはみたけれど、自分が望む形の筆もレイヤー効果もみつけられなかった。この辺は、面倒でもいちいち筆を細くして、少し濃いめの色でキワを立ててやる必要がありそう。

     それと、ペインター6水彩で自分が重宝してたのが、グッと押し込むと色が強くなり、弱めるといい感じに抜けていく……筆圧感知があるツールなら普通にある機能だし、SAIにも当然ある。でもなんか違和感があるなーって思ってたのだが、6水彩は「普通」の強さの色の上に更に「強い色」がある感じだったみたい。言葉では上手く説明出来ないが、部分部分で強い色が必要なとき、ちょっと力を入れてやれば強くなり、抜けば弱くなる、そういう「感触」がダイレクトに伝わってやりやすかった。SAIをはじめ他のツールは、力を抜けば弱くはなるけど、「通常」状態から「力を入れ」ても濃くはならない。設定次第ではそれも可能なんだけど、ただその場合も中途半端な力の時の色があまり良い色にならないため使いにくかった。
     なので、こういう場面でも面倒だけど、いちいち濃い色を自分で選択しなおして塗るしかない。

     なんで6の水彩がそんなに自分にとって気持ちがいいんだろう?って疑問は前からあったけど、どうやらこの辺が最大の違いっぽい。
     でももう、6のことは忘れないとね!


     あー、SAIでアナログの鉛筆線みたいなノイズのある線って引けないもんですかね?
     これも色々やってみたけど、いいものは見つかりませんでした。デジタルの線だと綺麗すぎちゃうんで、何かもうちょっと使える、表現しやすいデジタル線画が作れるといいなーって思うんだけど……。


     もう1つ追記!
     11月のコミティアに申し込みました!
     今度こそ新刊、作りたいです! 作れると思います! ……多分。。。
     でもそのために今、こうして練習してるので……(^^;)がんばります。

2008/09/05/ 00:28 絵庫(雑記) / TRACKBACK(0) / COMMENT(2) / PAGETOP  

コペンの脳みそ / HOME / 習作:レミリア

コメント

『Re Comments : 』 パワーーさん
流石騎羅先生!!フランもスカーレットも物凄く雰囲気出てますヽ(´ー`)ノ今度自分のブログに張らせていただいてもよろしいでしょうか?

自分も知り合いからSAIのパスをこっそりいただいたので練習してるんですが、PCでの色つけ事態が初心者なので、強度や色伸び、混色などの調整の仕方が分からないんです(´・ω・`)

その彼が今度サンクリに出展する同人誌に一枚描かせていただくのですが、それまでにある程度SAIについて知って行きたいものです^^

出来れば騎羅先生の製作過程の動画とか見てみたいです(`・ω・´)
2008/09/05(Fri) 00:57:25 | URL | [ Edit.]
『Re Comments : 』 騎羅さん
 ありがとう。でも転載はごめんなさい、色々とあるので基本的に転載は許可出来ないんです(^^;

 SAIは他のツールと違って、割と直感でいじっていっても扱えるので面白いですね。自分の場合、どうしても効率も考えてしまうので「もっと便利な方法ないか」とか考えちゃいますが、そういうの抜きにすると十分な機能を持ったツールですから、楽しんで描いていくときっと慣れちゃいますよw

 動画とかは……以前作ろうと思ったこともあるのですが、今のうちの環境だとちょっと難しい、という点と、自分の今の状態はまだ未完成であって、ツールに振り回されてる状態なので、お見せ出来るような動画が作れないんです。
 いつか自信もって制作動画とか作れたらいいですね。
2008/09/05(Fri) 06:13:37 | URL | [ Edit.]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 

トラックバック

HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。