12  03  11  10  09  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

騎羅

・Author:騎羅
Job:LightArtist
Hobby:コペン、チャリ、写真

Diaries.

スポンサーサイト

  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/ --:-- スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP  

MTG

  • CA390136.jpg

     久しぶりにマジックしてきました。

     「時の螺旋」の頃にあれこれ購入して散財したわけですが、置き場もないし邪魔になったので2デッキを残して残りは全部あげてしまったのだが、ドラフト戦をやるとのことだったので参加してきた。
     以前シールド戦はやったことあったが、ドラフト戦ははじめてなので、どきわく。

     難しいな!(´Д`;)


     ↓↓↓



 螺旋でやめてるので、今の新ブースターは全然知らないので新カードの性能も評価も知らなければ、追加ルールすらわからない。ルールに関しては追加分だけちょろっと教わればすぐに理解は出来るのだが、パックに入ってるカードの、どれが使えるカードでどれが使えないカードなのかがさっぱりわからないのだ……。

 えーと、シールド戦は、未開封のパックを指定数ランダムで選び、そのパック内のカードを駆使して闘うシステムなのだが、ドラフト戦はまずは1パックを開き、その中から自分が一番使えそうなカードを1枚引き、それを隣の人に回す……逆となりの人から回ってきたパックの中からまた1枚を引き……を繰り返し、そして溜まったカード軍で闘うことになる。

 つまり、その時点で、良いカードを理解し、引かないと損だし。
 引き損なうと、他の人がさらに有利になってしまうということだ!

 とりあえず赤が好きなので、赤いカードを中心に選び、なんとなく流れで青との2色になった。これで良かったのかどうかさっぱりだけど、とにかくその中から使えそうなカードとランドカードで40枚構成のデッキを作り、戦闘開始!

 4人でやったんだけど、そこそこ勝てたよ♪
 結局計算上、ポイント差で最下位だったけどね~w

 でも面白かった♪


 MTGは面白いし、構築をあれこれ悩むのが醍醐味だとは思うのだが、お金も時間もかかるし、こうしてシールド戦やドラフト戦をたまにやるくらいが楽しいな~と思った。半日遊んで1000円で済むしね。割と単価のいいカードも出てたようで、実際はもっとお得だったようだ。残ったカードは全部あげちゃったけどね~

2008/01/11/ 19:57 雑記 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP  

麻雀 / HOME / ワイン倉

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 

トラックバック

HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。