12  03  11  10  09  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

騎羅

・Author:騎羅
Job:LightArtist
Hobby:コペン、チャリ、写真

Diaries.

スポンサーサイト

  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/ --:-- スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP  

三国志

  • DSC_1058.jpg

     11日に真三国無双5が出るらしい。
     今までに「2」しかやったことがなかったけれど、当時凄いはまったし、今でも名作だと思う。三国志そのものも好きだし、シリーズ5作目は色々と改良されたらしく、久しぶりに手を出してみようかと思う。

     …と、その前に三国志を予習復習だ!

     ってことで、横山光輝の漫画版三国志をまとめて買ってきた。
     昔、吉川英治の小説三国志は読んだけど、あれは中学生の頃だったか……。概ねの内容は覚えているけど細部までは覚えていない。また小説を読み直すのも面倒なので漫画を買ってみたわけだが、「絵」があることで、少々戸惑うこともあったり……。元々KOEIのシミュレーションゲームから三国志に入ったもので、頭の中にあるビジュアルはどうしてもKOEIに作られたかっこいい人たち。今ある三国無双ほどではないけれど、相当美化されたビジュアルなわけです。なので、超雲とかがドカベンみたいな容姿してると、なんかちょっと…………(^^;
     まぁ、その辺は気にしないようにして読んでみました。

     漫画とはいえ30冊もあるとなかなか大変でした。
     やっぱり細かいところをかなり忘れてたし、人間関係なども改めて思い出せたので、ゲーム前の予習はこれでばっちり!
     早く11日こないだろうか~(´∀`)


     長くなりそうなので、続きは↓へ。
      ↓↓↓

 三国志を読んで改めて思ったのですが……

 やっぱり劉備玄徳って、好きになれないな!

 ってことですねぇ。
 三国志というと、劉備が主役のように扱われるわけですが、どう考えてもダメな人にしか思えない。皇族の血を引いてるとかって本人の人間性には特に関係ないし、武力も知力もそこそこ。で、カリスマ性が高く良い武将が集まってきた……というところが劉備の最大の魅力なわけだし、一応能力として認めてもいいのですが……

 我が身かわいさだけじゃないのか、この人(゚Д゚)

 とか、身も蓋もないことを毎回思う。
 「義」の人と言われているけれど、他人の目を凄く気にして、人に何か言われるのが嫌で、ただそれだけで善人装ってるだけで、おかげで周りがかなり苦労してる。横山光輝三国志の中では最終的に孔明にも言われてるけれどね……やっぱりそう思ってたんじゃないかな。他の武将もあまり近くで接してなかったから、上辺の偽善なところしか見てなかったんじゃないかな……なんて思うんだ。

 どこの国が好きと言われれば、蜀が好きだし、蜀には好きな武将が数多い。なのだけど、劉備だけはどうにも……。あまり良い人じゃないのかもしれないけれど、曹操の方が好きです。あと短命で残念な孫策とかね。因みに孫権も好きになれない……孫堅は結構好きだけど。

 孫権で思い出したけど、魏と言えば曹操、蜀と言えば劉備、呉と言えば孫権なわけですが、曹操が死んで、劉備が死んで、若かっただけに孫権はその二人が死んだあとも生きてたわけですが、この人って結局最後どうしたんだろう……?
 最終的に蜀の孔明と魏の仲達の戦いみたいになるけれど、呉の孫権は滅亡らしい話もなければ、攻め込んだ話もない。劉禅ともどもダメな子だったのかな……。

 劉備、死後、蜀は武将に恵まれず孔明がいてもどうにもならないよなぁとは思った物の、孔明って知略には長けてたけれど魅力はあまりなかった人なんだなぁって、今回読んでて思ってしまった。今でこそ人気あるけどね。まぁ主君が劉禅ってことで、仕方ないのかもしれないけれど……。
 関羽も張飛も、子供の教育はしっかりしてたのか、なかなか立派な子供がいたわけですが、劉備の子、劉禅は最悪もいいところだし、この人も結局自分のことしか考えてなかった……その親ありてその子あり。

 やっぱ劉備ってダメだったんじゃね?(´・ω・`)

 はじめて三国志を読んでから、この疑問がずっと拭えないんだよねぇ。

2007/11/04/ 07:21 雑記 / TRACKBACK(0) / COMMENT(2) / PAGETOP  

足踏み生活 / HOME / 京極堂シリーズ

コメント

『Re Comments : 』 騎羅さん
 追記。
 たまたまコンビニで三国志の本が売ってたので買ってみたのだが、それに史記である「三国志」と小説「三国志演義」との差が書かれていた。これで色々と思っていた疑問が、ある程度解消されました。

 やっぱり劉備は、ダメな人なんだ(^ω^)9m

 ただダメな子というよりは、悪い子と言うべきか、我が身かわいさに義を重んじる無能な子というわけじゃなく、義を重んじる振りをしながらえげつなく国狙ってるような奴だったのですねぇ。
 長坂の戦いで「妻子を投げ捨てて逃げた」というのがまた酷い……
 人間だもの、小説のように綺麗なだけであるわけがないのはわかっちゃいるけれど、演技の劉備にはかなり疑問を感じてただけに、なんだかすっきりした。
 反対に、思ったよりも曹操はいい人だったんだなぁ。

 孫堅や孫策に関しても、自分が思い描いたような英雄だったぽくてなんだか嬉しい。共に早死にしちゃうのが本当に勿体ない。そして最後に残る孫権はやはりダメな子だったんだなぁ……ダメってほどじゃないんだろうけど、呉という国が持つ力を全然使えてない。勿体ない。

 あまり歴史とか知らないけれど、凄い人ほど早死にするってのは本当らしい。
 早死にするから惜しまれて、ボロが出ないだけかもしれないけどね。
 それにしても孫策は、もったいなかったなぁ……彼が生きていたら三国志演義という小説の主人公も、劉備ではなく孫策であったかもしれないのにね。
2007/11/05(Mon) 03:18:19 | URL | [ Edit.]
『Re Comments : 管理人のみ閲覧できます』 さん
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/11/05(Mon) 13:22:03 | | [ Edit.]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 

トラックバック

HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。