12  03  11  10  09  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 

騎羅

・Author:騎羅
Job:LightArtist
Hobby:コペン、チャリ、写真

スポンサーサイト

  • 上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/ --:-- スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP  

トラベラーズノート2

  • DSC_4835.jpg
     トラベラーズノート<本命>作りました。
     左にある焦げ茶色のです。

     先日作った白っぽいパスポートサイズのトラベラーズノートのときに微妙にミスった部分を考慮して、サイズを検討してしっかり作りました。でも、時間がかかるので今回は裏地を貼ったり縫ったりしていない。縫うとこの大きさでは1日作業になっちゃうので、暇が出来たら後々付け足すのでもいいかなーと。
     それに、市販で売ってるトラベラーズノートって、こんな感じに革を切りっぱなしで、ゴムついてるだけなんだよね。ノートの性質からいって、そのくらい無骨な方がいいのかもしれない。

    DSC_4836.jpgDSC_4837.jpg
     中身はA5変形判のトラベラーズノート用のリフィル(ノート)を2冊、ゴムで挟み込んである。
     あと、ジッパーケースも装着してみた。なかなか良い感触です。
     余談ですが、今回作った2タイプともに、市販で出てるトラベラーズノートとほぼ同じサイズなので市販の物を買っても良かったのだけど、自作の方が色や機能を選べるということと、市販の物で一番気に入らないのが、裏表紙の中央からゴムが出ているという、不思議仕様な事が嫌だった。自分が作ったのは両方とも、背表紙の中央から、留め用のゴムが出ています。

     ちなみに革は多脂革を使用。今まで使ってる革よりも、味がある風合いなので、むしろ切りっぱなしの方が似合うかもしれないですね。


     結局これで4冊、革ノートを作ってしまった。
     用途がかぶると、使わなくなってしまう物が出てきてしまうのが嫌で、あまり増やしたくなかったのだけど、必要に駆られて。

     A5のオレンジのは、スケジュールなどをまとめたり、ToDo的な物として使用。
     今回のA5変形トラベラーズノートは、外出時メモ、図案帳として使う予定。
     先日のパスポートサイズ白トラベラーズノートは、持ち歩き用。カバン要らずサイズ。
     A6のオレンジのは……本来これが「持ち歩き用」だったのだけど、微妙に大きく、しかも聖書のようなしっかりとした作りになってしまったため、そういう使い方しづらくてw こいつの使い道が微妙にどうしようかなーと思いつつ、気に入った出来なのでカバンを使うときにはきっと持ち歩くことでしょう。自己満足品w


     そろそろ、ウエストバッグと財布も作りたいけど、なかなかそこまで時間が取れない。
     ただ、今回トラベラーズノート小を作ったお陰で、ウエストバッグの構想が少し楽になりそうだ。

スポンサーサイト

2011/10/08/ 18:19 革細工 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP  

トラベラーズノート

  • P1040494.jpg
     久しぶりの革細工。
     トラベラーズノートというものを作ってみた。
     本来、革一枚を四角く切って、ゴムで止めるだけというシンプルなものらしいけど、それもつまらないので縫ってみた。革はタンローという白っぽい牛革を使用。使っているうちに汚れや日焼けでだいぶ経年変化が期待出来る。

    P1040488.jpgP1040489.jpg
     開くとこんな感じ。
     わかってはいたのだけど、縫うと革はそれてしまうのだよね。緩く縫えばそんなことはないけれど、ギュッと締めた方が縫い目が綺麗なので。ちなみに裏側の濃いのは豚革を仕様。これをもっとしっかりした牛革使ってたら、しなりももうちょっと軽減できたかもしれないが、あまり厚くしたくなかったので。
     裏面を付けることで、ここに色々とはさみ込む事が出来る。

    P1040490.jpgP1040491.jpg
     こんな感じで、ノートにゴム(赤いの)を通して固定する。という簡単なもの。
     以前にもノートカバーは作ってるけど、前に作ったのはあまりにしっかり作れてしまっていて、個人的にはもっと雑多な感じに扱える物が欲しく、後に知ったトラベラーズノートというのがちょうど良かった。気侭に描き、気ままに挟み込み、ゴムで止めてしまう。気軽に扱えそう~
     今回の試作はパスポートサイズなので、こんな感じにパスポートも挟み込める。

    P1040492.jpgP1040495.jpg
     ノート1冊とパスポートを挟んでこんな感じ。
     もう1冊くらい余裕で挟める。

     今回、1つ失敗だったのは、この裏面の革にパスポートなどのはじっこをセットすることで気軽に挟み込めるという予定だったのだが、高さがピッタリすぎて入れるのは難しそう。あと4~5mm縦を多めに取るべきだった。以前も同じような失敗をしたのに、今回はゴムで挟むのがメインだったからあまり考えずに寸法とってしまった。
     あともう1点、写真だとわからないし、言葉でも説明しがたいのだけど、背中のゴムを通す位置がちょっと狭い。これもノートの高さが足りなかったのが原因……次作るときはその辺も考慮しなければ。


     本当に欲しいサイズはもうちょっと大きいサイズの方なので、今回は試作品のつもりで作った。ゴムの止め方とか、店で売ってるのとは違う方法を試してみたかったし。
     まー、こんなもんかなーな感じで、そこそこ満足。

2011/10/05/ 20:15 革細工 / TRACKBACK(0) / COMMENT(2) / PAGETOP  

HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。